プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年02月24日

「電話番号はそのままで」のメリットとデメリット

Posted by JS at 15:53 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
携帯電話:番号ポータビリティー導入が適当 総務省調査研(Mainichi INTERACTIVE)

 携帯電話の契約会社を変更しても従来の電話番号が使える「番号ポータビリティー(持ち運び)」の導入是非を議論してきた総務省の調査研究会(座長・斎藤忠夫東京大名誉教授)は24日、「導入することが適当」とする報告書案をまとめた。

 数年前から「やる、やる」と言われてきた番号ポータビリティーだが、いよいよ本当にやるようだ。
 最近は各キャリア魅力的なケータイとサービスを出しているので、思わず乗り換えたい気持ちにもなり、便利なサービスのような気がするが、変更するにはそこそこの手間(結構時間がかかったり)とそこそこの費用がかかる。そこまでしてケータイを乗り換えたいかというと微妙だ。
 とくにケータイは毎日持ち歩くものだし、私のように半年ぐらいで飽きてしまうような者にとって、それだけの手間とお金を払ってまでは乗り換える必要はない。
 ただ、番号ポータビリティー導入によって、各社料金値下げなど各種サービスを強化してくると思われる。これは大歓迎だ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif