プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年02月29日

いまのゲームは誰がためにある

Posted by JS at 10:31 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
子どもたちにTVゲーム離れ? 高価・遊びの多様化で(asahi.com)

 CESAでは、ゲーム機が高機能化で高価となり、ソフトも複雑になったことで、手軽に楽しめる現代版ベイゴマやカードゲームなどに子どもたちの関心が流れているとみている。身近な遊びの多様化が、ゲーム機の牙城(がじょう)を掘り崩しつつある。

 最近のゲームはまず難しいっす。とても私にはクリアできないものばかり。それにハードもソフトも高価! とても子供の小遣いじゃ容易に買えないでしょ。
 そんな中でもゲームボーイを持っている子供はたくさん見かける。それは比較的プレイしやすいソフトが多いし、価格もお手頃だからじゃないのか。

 それにいまの時代は、インターネットやケータイ、メールなどゲームより面白いものはいっぱいある。
 ゲームは子供向けっていうより、お金も時間もそこそこある子供の頃ゲームをしていた世代をターゲットにしたほうがいいんじゃないの?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif