プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月01日

賞は取れずともKEN WATANABEは世界へ

Posted by JS at 12:44 / Category: ニュース / 0 TrackBack
nikkan the CINEMA 第76回アカデミー賞(nikkansports.com)

 映画界最大の祭典、第76回アカデミー賞の発表・授賞式が29日(日本時間3月1日)、米ロサンゼルスのコダックシアターで行われ、「ラスト・サムライ」で助演男優賞にノミネートされていた渡辺謙(44)は受賞を逃した。

 受賞を逃したのは残念だが、すでに『バットマン』の出演も決まり、ノミネートされた時点で渡辺謙はハリウッドスターに仲間入りしたのだからスゴイこっちゃ。

 それに『たそがれ清兵衛』も外国語映画賞でかなり有力候補だったし(こちらも惜しくも落選)、押井守の『イノセンス』も今秋に全米で公開が決定して、来年のアカデミー長編アニメ賞を狙うらしい。
 ひと昔前は「洋画は金がかかってて迫力がある。邦画はしょぼい」ってイメージだったけど、最近は逆に「邦画は面白いのが増えてきて、洋画はCGばっかりで飽きた」って印象があるだけに、日本も世界レベルで勝負できるんじゃないかな。

▼関連記事

スペインで『クレヨンしんちゃん』が最優秀キャラクター賞に(エキサイト : ニュース)

 あの『クレヨンしんちゃん』が、スペインの「最優秀エンターテインメントキャラクター賞2003」に選ばれたとか。この賞はスペインのキャラクタービジネス雑誌「Licencias Actualidad」が関係者のアンケートから選定したもの。

 やっぱり、世界各国でメイド・イン・ジャパンのものがウケている。とくにアニメ。しんちゃん恐るべし……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif