プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月03日

モルダーよ、矢追よ、火星人はいたぞ! たぶん

Posted by JS at 11:53 / Category: ニュース / 0 TrackBack
NASA「火星は生物生存に適した」 かつて大量の水(asahi.com)

 米航空宇宙局(NASA)は2日、火星探査車オポチュニティーの着陸地点に、かつて大量の水が液体の状態で存在していたと発表した。周辺の岩石の構造や化学的な特性から結論づけた。時期や期間は不明だが、「生物の生存に適した環境だった」と見ており、火星の有人探査を求める声が強まりそうだ。

 「火星に関して重大な発表がある」なんて言って引っ張ってたから、てっきり「火星人発見!」だと思ったのに、「火星に生物がいた可能性がある」程度だったんで、少々肩すかし。

 私はどちらかと言うと、UFOの存在は信じる派だ。いたらスゲーなーくらいの興味だが、『Xファイル』とか矢追純一のUFO特番とかは面白がって、よく見ていた。
 だから「火星には生物がいた可能性がある」なんて聞くと、もう絶滅したと考えるよりかは、火星人はUFOを作ってはるか昔に飛び立ったんだと考えるほうが面白い。
 地球人は2004年になってようやく火星の調査ができたが、火星人はもう何年も前から地球を調査していて、いずれ“何か”コンタクトしてくるかもしれない。夢があるなぁ。

B00006AFZD.09.MZZZZZZZ.jpgでも、私の中で火星人と言えば←コレなので、ちと怖い……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif