プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月03日

ワールドルプロレスリングが4月から30分枠へ

Posted by JS at 13:36 / Category: テレビ・本 / 0 TrackBack
新日本のテレビ戦略〜坂口征二CEO CS放送進出も(スポーツナビ)

 テレビ朝日の新日本プロレス「ワールドプロレスリング」放送が4月改編で毎週1時間放送から30分放送に短縮されることになった。これまで土曜深夜に放送されていたが、若干、時刻が早い時間帯に繰り上げされることも決定した。テレ朝は年4〜6回、いい時間帯で2〜3時間のスペシャル番組を放送していき、新日本の面白さを世間に見せつけていくという。

 ついに『ワールドプロレスリング』も30分枠となるときが来た。私もここ最近はすっかりワープロを見なくなっていた。ただ、ドーム大会やG1などは見ていた。
 そう考えれば今の時代は、1時間で数試合を放送するよりは、せっかく毎週放送があるのだから、『SRS』のように30分間で様々な情報を放送したほうが分かりやすい。
 それにビッグマッチを深夜に何週にも分けて放送するより、年4〜6回特番として“いい時間帯”で放送されるほうが、新日本にとってもファンにとってもいいのではないか。

 「テレ朝独占放送」という縛りがなくなり、CS進出も検討中ということだが、そうなれば地上波はドラマのあらすじを伝えるだけでいい。試合が見たければCS放送を見ればいい。ビッグマッチは生中継がPPV、録画放送が地上波で特番。こんな環境、他団体から見ればノドから手が出るほど欲しい環境だろうな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif