プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月06日

くるか、“大百科”本ブーム!?

Posted by JS at 13:52 / Category: テレビ・本 / 0 TrackBack

4840110301.09.MZZZZZZZ.jpgハロー!プロジェクト大百科
(ハロー!プロジェクトファンクラブ/編、メディアファクトリー)

 今日、書店に行ったらこの本を見つけて、ちょっとビックリした(ちなみに私はモーニング娘とかのファンじゃないので、“これは買わないと!”とか、そういう意味でビックリしたのではない)。

 私とライターの藤本さんが2001年に『PRIDE大百科』を出すときに「“大百科”っていいですよね。子供の頃、プロレス大百科とかそういう子供向けの本がありましたけど、大百科ってコレ一冊で何でも分かるっていうイメージがありますよ」ということで、大百科というフレーズを採用した(ちなみに「大図鑑」「大辞典」という案もあったが、大百科が一番柔らかいということで採用した)。
 当初は「大百科って古くさくない?」とか「子供向け過ぎない?」という声もあったが、2003年に『闘龍門大百科』を出した際には、「書名の通り、十分すぎる内容だ」といった、ありがたい言葉をたくさんいただいた。

 おそらく『ハロー!プロジェクト大百科』の編者や版元は、『PRIDE大百科』や『闘龍門大百科』を意識してはいないと思うのだが、『大百科』というフレーズを使ってもらえるのは、個人的にちょっと嬉しい。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif