プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月09日

ホントのところお金を払っている人ってどれくらいなのよ?

Posted by JS at 20:35 / Category: ニュース / 0 TrackBack
ヤフーBB情報流出で見えてきたソフトバンクの素顔(ZAKZAK)

 「ヤフーBBの有料会員=収益になる会員」がどの程度いるのかはまったくのミステリーだったのだ。
 それが今回の事件で、「課金対象の会員は約241万人」と判明。回線利用者数の約381万人から(1)の約241万人を差し引いた約140万人は、公表された無料体験キャンペーン申込者約147万人とほぼ見合う数字だ。

 記事中に「出版界では発行部数は公表しても、実売部数は企業秘密として公開していない。回線利用者数と加入者数の関係も発行部数と実売部数と同じ」とあるが、確かに出版関係では“○部突破!”という広告をよく見かけるが、これは刷り部数であって(しかも水増ししてる場合もある)、実売ではないことが多い(CDとかもそうかな)。

 ヤフーBBといえば街頭でモデムを配っているのをよく見かけるが、モデムを持ち帰っている人は大体が「何か分からないけど、タダでくれるならもらっておこう」という人だと思われる。
 それだけに、無料期間を終了した後もヤフーと契約して使い続けている人がどれくらいいるのか興味はあったが、この記事を見るとやっぱり発表された数(約400万人)の大体3分の1くらい(約140万人)のようだ。出版はそこまでは水増ししてないと思うんだけどな……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif