プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月25日

あなたは4万円出して液晶で本を読みたいですか?

Posted by JS at 13:09 / Category: IT・デジタル / 4 TrackBack
ソニー、電子書籍リーダー「リブリエ」と電子書籍レンタルサービス(BroadBand Watch)

 ソニーは、紙の本のような読みやすい文字を再現できる電子書籍リーダー「LIBRIe(リブリエ)※注 EBR-1000EP」(以下リブリエ)を4月24日に発売する。価格はオープンプライスでメーカー参考価格は40,000円前後だという。同時に、パブリッシングリンクよりリブリエで読むことができるデジタル書籍のレンタルサービス「Timebook Town」を4月1日より開始することも発表された。

 以前から何度か取り上げている電子書籍だが、松下に続いてソニーからも電子書籍リーダーがいよいよ発売される。
 しかし4万は高いな。端末自体は6インチSVGA液晶だし、“液晶で読む”ことに対してかなり無理のないように作り込まれたいい端末だとは思うのだが、単純に「文を読む、マンガを読む」だけのために4万はキツイ。これに加えてコンテンツの会費&レンタル料も払わないといけない(コンテンツは当分貸本スタイルのみ。将来的には買取もできるらしい)。
 やはり理想はリーダーはバカ安で、あとはコンテンツのレンタル料や購入代金で採算が取れるくらいまで、電子書籍ビジネスが発展してくれることだ。
 紙媒体では廃刊になってしまい、電子書籍でしか読めない・見れない名作も増えてくるだろう。それだけに、ぜひ発展してほしいのだが……う〜ん、まだまだ高いよ!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif