プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月30日

武蔵vs曙はドリフよりも見るべきものなのか……

Posted by JS at 01:24 / Category: 【格】K-1 / 0 TrackBack
曙vs武蔵、瞬間視聴率は37.2パーセント(スポーツナビ)

 曙のK−1第2戦が、高視聴率を記録した。フジテレビ系列で27日に放送された「K1ワールドGP2004inさいたま」が平均視聴率20.6%で、同時刻にTBS系列で放送された、いかりや長介さんの追悼番組「追悼緊急特別企画長さんだョ!全員集合」の20.1%を超えた。

 スゲーな。まさかK-1が長さん追悼ドリフ特番よりも視聴率が高いとは思わなかった。これはドリフは保存版としてビデオに録って、K-1はリアルタイムで見た人が多いと考えるべきか?
 まぁ、何にせよ谷川プロデューサーによる“世界ビックリ人間対決”路線になったK-1が、成功していることは確かだろう。
 地上波、衛星、ケーブル、ネット、DVDと映像コンテンツがいくらあっても足りない現代、いまのK-1は流せば数字の取れるお化けコンテンツだな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif