プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年03月31日

僕とAppleとAdobeの関係

Posted by JS at 18:16 / Category: Mac・iPod / 0 TrackBack
「切ってもきれない」が「つかず離れず」に--アップルとアドビの冷え込む関係(CNET Japan)

 Apple ComputerとAdobe Systemsは、本社の市外局番もかわらないほど近くにあり、またこれまで同じユーザー層を共有し、さらにそれぞれがパーソナルコンピュータの黎明期にまでさかのぼる歴史を持った企業だ。しかし、(中略)いま、両社の関係はどちらかというと冬の時代に入っている。

 私もヘビーMacユーザーかつ、DTPやデザインの仕事をしているので、Adobe製のソフトを多数使っている。
 DTPの世界ではまだOS9が主流だが、OS Xはなかなか優秀なOSだし、数年後にはDTPもOS X時代に移行するはずだ。そうなると、AdobeのIllustratorやPhotoshopも最新バージョン(OS Xで動作するバージョン)にバージョンアップすることになるが、個人的には機能の面ではこれ以上高機能になる必要もないかなと思う。
 だからこの先、AppleとAdobeが疎遠になっても、あまり気にならないかなと思っている。ただ、結局のところDTPが完全にOS X時代になったとき、レイアウトソフトの主流がInDesignなのか、QuarkXPressになるのかを早く決めてほしい。もしInDesignになるのなら、InDesignにはまだまだ速度や機能の面で発展してほしい。そういうところで「Windowsで使ったほうが(動作が)速いよ」ってなったら、ちと悔しいな。やっぱり疎遠は困るかも?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif