プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年04月04日

K-1 MMA、PRIDEに対して物腰柔らかに宣戦布告?

Posted by JS at 20:29 / Category: 【格】HERO'S(ROMANEX) / 0 TrackBack
K-1 MMA(仮称)5・22旗揚げ正式決定(スポーツナビ)

 大会のコンセプトはK−1、猪木軍、新日本プロレスなど大会関係者の総意により「格闘技世界一決定戦」となった。谷川貞治プロデューサーは、「K−1vs新日本、K−1vs猪木軍のほかにも、K−1vsグレイシー、K−1vs極真などもやりたい」と抱負を語った。大会はTBS系列で放送。“異種格闘技戦”のワンマッチを中心に1大会8〜10試合をマッチメークし、年に4回開催を目指す。

 K-1 MMA(仮称)はTBSでの放送が決定。ということは、昨日の猪木のTBS出演は、“象徴・猪木”の顔見せだったのかな。あと「格闘技世界一決定戦」と言えば、猪木がはじめに使って、その後高田もインターで使っていた名称。ンムフフフ……なんか微妙に「闘いの原点はどっちだ?」みたいな対抗意識を感じますな。
 PRIDEで“引退”したグッドリッジがK-1に参戦するし、マーク・ハントにPRIDE参戦の噂があったり、やはりPRIDEとK-1 MMAのあいだで選手の奪い合いになってきそうだな。その皮切りになりそうな“プレデター問題”に関してだが……

谷川氏「プレデターはK-1に上がる」(スポーツナビ)

 谷川氏は「中村さんには契約のことを伝えていなくて悪いことをしたが、それが契約というものだと思う。もし、(K−1の契約を知って)急にPRIDEが興味を持って、ファイトマネーを吊り上げられても困る。ミルコ、レコ、ハントもお金が吊り上っているようなので。PRIDEさんとは何もモメるつもりはない」と説明した。

 なるほど! モメるつもりはないとは言っているものの、「それが契約というもの!」という発言は、PRIDEへの宣戦布告とも取れる。
 昨日の『ワールドプロレスリング』でサップがベルト奪取した際に、リングサイドで笑顔で拍手する谷川Pが映っていたが、その姿はK-1軍の悪徳マネージャーのようだった。う〜ん、すっかりプロデューサーも板についてきましたなぁ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif