プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年04月07日

女子プロ不況を象徴する悲しき事件

Posted by JS at 23:43 / Category: 【プ】その他のプロレス / 0 TrackBack
【ファイト】女子プロレス興行師ら逮捕−ダフ屋行為のほう助容疑(SANSPO.COM)

 自ら興行した女子プロレスの試合の入場券を無償で譲渡したとして、警視庁生活安全特捜隊は7日までに、東京都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)のほう助容疑などで、、女子プロレス興行師宮本明夫(48)=東京都台東区竜泉、暴力団組長中山清(58)=千葉県木更津市真里谷=ら4容疑者を逮捕した。
 宮本容疑者らは「女子プロレスの人気が下火で、少しでも客が入ればいいと思った」と話しているという。

 あー、なんか悲しい事件だなぁ。宮本容疑者のコメントもさることながら、この記事の最後の一文がまた悲しい。
 「当日の試合は、立ち見を含め2005席あったが、客は約400人だったという。」
 えー、そこまでしたのに400人くらいしか入ってなかったんかい!って話じゃないか。しかも1枚5000円のチケットを4人に売って、計1万2000円ってことは1枚3000円じゃん! 割引販売じゃん! うぅ、涙なしには読めない記事だ……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif