プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年04月13日

『こんなはずでは!』の歴史の真実検証SPは見逃せない!

Posted by JS at 04:08 / Category: テレビ・本 / 0 TrackBack

 4月8日の記事でお伝えした(ケネディとダイアナの死に殿が挑む?参照)、『ビートたけしの!こんなはずでは!! ケネディ家の陰謀&ダイアナの悲劇SP』(テレビ朝日/4月10日OA)をようやくビデオで見た。
 この番組では以前にも「ケネディ暗殺40年目の真実」や「ダイアナ元皇太子妃7年目の真実」といった歴史の真実を伝えるシリーズを放送していて、これがどちらも抜群に面白かった。今回はその第3弾で、呪われたケネディ家とダイアナ死の真相の続編&2本立てというわけだ。

 この番組の内容を「これこそがすべて真実だ!」と鵜呑みにする気はないが、いまの時代ニュースや新聞で伝えられることだけがすべて真実なんて誰も思っていないし、証拠や検証を含めて番組独自の“推理”はなかなか説得力がある。私も『24』を見たばかりということもあって、アメリカやイギリス、もしかしたら日本でも国の秘密をバラそうとして秘密機関に消された人がいたり、それを「死因は事故です」なんてウソの情報を発表したりなんてことはあるんだろうな〜なんて思わず思ってしまった。

 しかも番組はダイアナ元皇太子妃の事故公式報告書を入手し、世界初公開したのだ! なぜそんなスゴイものを日本の1番組が入手できたのか分からないが、6000ページにも及ぶ報告書は、番組収録時にはまだ翻訳も解析もできておらず、とりあえず「入手できた!」という報告だけだった(それだけでもSPで放送しておきたかったということなのだろう)。しかしチラリと公開されたその報告書にはダイアナの外傷の検査報告書や運転手の遺体写真などもあり、かなりリアル!
 今回のOAを見逃した方もいると思うが、恐らく再放送もあるだろうし、続編の放送は見逃せない!

こんなはずでは!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif