プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年04月21日

これからの音楽はCD屋じゃなく、DLして買うのか?

Posted by JS at 17:07 / Category: IT・デジタル / 1 TrackBack
エニーミュージック、5月20日からサービス開始 シングル158円から(ITmedia ライフスタイル)

 ソニーやシャープなど8社が共同出資したエニーミュージックは4月20日、音楽ダウンロードサービスをPCなしで利用できる「Any Music」のサービスを5月20日に始めると発表した。

 う〜ん、どうなんだろうな。「PCなしで利用できる音楽DLサービス」ってことは、ようは「コンポから直接曲をコンポ(のHD)にDLして、音楽が聴けるよ」ってことでしょ。早速、ソニーの対応コンポ(コンポじゃなく、正確にはHD搭載ネットワークオーディオシステム)のサイトを見ると、ようはネットワークにつなげるデカイiPodみたいなもので、本体とTV(別売のモニタでも可)をつないで使うみたい。DLした音楽はメモステとかにも転送してCLIEとかで聴くこともできるわけか。便利っちゃ便利っぽいけど、実際に使ってみないとどれくらいお手軽にできるかが分からんな。
 まだ日本向けのサービスは開始されてないけど、AppleのiTunes Music Storeみたいな感じなのかな? となると、やっぱりレコード会社の問題とか、アーティスト側からの「アルバムの曲を1曲単位で販売してほしくない」とか、そういう問題が出てくるんじゃないかい?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif