プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年04月23日

電子書籍は何も専用端末でなくとも、ケータイでも読める

Posted by JS at 12:46 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
“ケータイで読書”は、「メル友OL」が引っ張る(ITmediaモバイル)

 女性の購入者が多いのも携帯電話ならでは。購入者の男女比では女性が55%で、男性購入者が多いPCとは大きく異なる。売れ筋も若者層のアクセスが多いためか、文芸や恋愛小説の人気が高いという。

 本日の記事「電子書籍が普及するためのひと筋の光」でお伝えした電子書籍だが、ケータイでの読書っていうのもあるんだよね。確か映画化もされたベストセラー『Deep Love』(スターツ出版)も携帯サイトで連載していた小説で、女子高生の口コミで広がったんだっけ。
 でもケータイで小説読むって辛くないか? 私の周りではケータイメールを多用しているOLでもあまり読んでるって人いないけど、ケータイも液晶画面が大型化し、QVGA液晶によって細かい文字が表示できるようになり、通信速度の向上&パケット制導入と、小説を読むのもそれほど苦じゃない環境ができつつはあるか。
 4万円もする専用端末を買わなくても、ケータイで十分読めるというなら、やはり新刊がすぐに読めるようになったり、『Deep Love』のようにアマチュアからでも、面白いコンテンツをドンドン発信できるようになれば電子書籍が盛り上がってくる可能性は十分ありそうだなぁ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif