プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年05月06日

故冬木さんが提唱したエンタメプロレスは、冬木軍からハッスルへ!?

Posted by JS at 10:54 / Category: 【プ】ハッスル / 0 TrackBack
冬木軍終焉…聖地が燃えた/冬木軍(nikkansports.com)

 冬木軍は興行団体から、金村と黒田の事務所になる。金村は「27日のWJ後楽園に仲間と乗り込む。アパッチインディー軍は、WJ、ゼロワン、全日本に全面戦争を仕掛ける」と宣戦布告。

 故冬木氏がWARを飛び出し、FMWに乗り込んでから始まった“冬木軍”もついに終焉。それでもボスが亡くなってからも活動を続け、聖地・川崎球場に“メジャーの象徴”だった長州を上げ、机でぶん殴って有終の美を飾ったというのが、いかにもらしい終わり方だ。
 そういえば故冬木氏が提唱したのが「エンターテインメント・プロレス」だったが、いまのハッスルはまさにソレ。新生FMW時代にやりたくてもできなかった、舞台装置などに金をかけたエンタメプロレスをDSEが主催し、そこに金村や黒田、そして破壊王、長州、小川ら“インディー団体”の選手が集まっているのを、冬木さんが見たら何て思うのだろう……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif