プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年05月12日

任天堂とソニーが新型携帯ゲーム機発表!

Posted by JS at 12:42 / Category: IT・デジタル / 1 TrackBack
ついに登場したNDSとPSP(ITmediaニュース)

 永遠のライバル・任天堂とSCEーが満を持して新型携帯ゲームを同時公開。従来のゲームに対する反省から生まれたNDSに対し、再び挑戦者として牙城に挑むSCEのPSP。それぞれの特徴を画像を交えて見てみよう。

 ソニーが“打倒任天堂”のために出してくる携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(以下PSP)と、それを迎え撃つ“携帯ゲーム機の王者”任天堂の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー・ディーエス」(以下NDS)のスペックと筐体が発表された。

 NDSは2画面搭載した折りたたみ式で、懐かしのゲームウォッチを彷彿させる。また、下の画面がタッチパネル対応。あと、ファミコンのようにマイクも内蔵されているとのことなので、ぜひ『たけしの挑戦状』を復刻してほしい。
 それとGBAと完全互換がある点はやはりポイントが高い。価格は2万円以下になる見込み。

 PSPのほうは、まずは4.3インチのワイド液晶画面が目立つ! 動画コンテンツ観賞も意識して、この画面になったようだ。
 「21世紀のウォークマン」とも呼ばれているだけあって、メモリースティックPro Duoスロットを搭載し、音楽を聴くことも可能。USB2.0スロットが付いており、周辺機器はここにつなぐ感じ。
 気になるのはサイズ。170(幅)×74(奥行き)×23(厚さ)ミリ、重さ260グラムは、CLIE NX80Vに近い。結構デカイし重いなぁ。あと、価格は現段階では不明。

 NDS、PSPに共通しているのが、IEEE 802.11b対応の通信機能を装備している点。無線LANを使用したゲームやネット接続なんかは、いかにも次世代携帯ゲーム機といった感じ。もはや玩具というよりは、デジタルデバイスって印象。子供には贅沢?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif