プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年05月20日

44時間にも及ぶ攻防の結末は、あまりに悲惨だった

Posted by JS at 14:00 / Category: ニュース / 0 TrackBack
宇都宮の立てこもり、組員ら死亡 警察突入前に発砲音(asahi.com)

 立てこもっていた同マンション2階の部屋に突入した。2人は拳銃で頭を撃って室内で倒れており、病院で死亡が確認された。県警は突入の際には拳銃を発砲していないと説明しており、畠山容疑者らが自殺したとみている。

 つい最近、昭和54年に起きた「三菱銀行北畠支店猟銃立て籠もり事件」の模様が書かれた本を読んだ。その直後に今回の事件が起きたので、ちょっとビックリした。
 今回の事件も立て籠もりから2日近くが経過し、犯人と警察の攻防と説得が繰り返された。しかし、その結末は警察が突入するためにドアを破っている最中に、犯人は人質の女性と共に頭を撃って自殺。威嚇に使ったマシンガンとみられた銃はモデルガンで、「持っている」と言っていたダイナマイトはトイレットペーパーの芯だったようだ……。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif