プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年05月21日

IT業界も仁義なき戦い Operaはもらっていく!

Posted by JS at 13:41 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
ライブドア、Operaの国内独占販売契約を締結。7月にも販売開始(INTERNET Watch)

 ライブドアは19日、ノルウェーのOpera Softwareとの間で、Webブラウザ「Opera」の日本での独占販売契約を結んだことを明らかにした。(中略)一方で、これまでOperaのダウンロードやアップデート情報を提供してきた日本語サイト(www.jp.opera.com)は、19日午後からサイトの公開を停止している。

 いや〜、IT業界も格闘技業界に負けず劣らず仁義なき戦いの様相ですな。
 Operaは使いやすいブラウザとして有名だが、今まで日本語版のDLやサポートをしていた会社(トランスウェア)の知らぬところで、他社(しかもあのライブドア!)が電撃的に“独占販売契約”を結んでしまうとは。
 Operaの売上がどれくらいあるかどうかは分からないが、トランスウェアにとっては死活問題だろうな。その一方で、ほりえもんも次から次へといろいろ仕掛けていくなぁ。細かいものまで。

Opera Software ASAとウェブブラウザ『Opera』デスクトップ版の国内独占販売契約を締結(livedoor プレスルーム)−プレスリリース

▼関連記事
ライブドア、Opera 7.5日本語版を6月発売〜従来ユーザーは無償アップグレード(INTERNET Watch)
トランスウェア「Operaの販売契約移管、聞いていない」(ITmediaニュース)

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif