プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年05月23日

「プロレスラーは強いんです!」中邑は第2の桜庭になるのか!?

Posted by JS at 00:42 / Category: 【格】HERO'S(ROMANEX) / 2 TrackBack
藤田、サップに激勝! 中邑はイグナショフに雪辱(スポーツナビ)

 新日本&猪木軍がK−1軍に全勝。ROMANEX旗揚げ戦をジャックした。メーンで藤田がサップに完勝、セミでは中邑がイグナショフにギブアップ勝利。バーネットもLYOTOもブルーウルフも勝利の凱歌を上げ、5戦全勝。K−1は旗揚げ戦を興行的には14918人満員札止めで成功を収めたものの、内容的には苦しい船出に谷川プロデューサーは「ムチャクチャ悔しい」と唇を噛み締めた。

 TVで『ROMANEX』旗揚げ戦を見たが、PRIDEとは違う面白さはあったな。メインはMMAというよりは、まさしく異種格闘技戦っぽい感じ。猪木vsGアントニオ戦みたい。ところで後頭部への蹴りってアリなの?
 しかしグレイシーがボコられ、ZERO-ONE外国人勢が敗退し、元気からの挑戦をホイスが受諾するやらで、悔しい思いをしてるのは谷川Pだけではないような気も……
 これで新日本勢はK-1に一矢報いたかな。K-1側としても新日勢ナシのROMANEXはあり得ないだろうし、両者の主導権争いは激化しそうな感じ。
 しかし中邑はやってくれたなぁ〜。試合はイグナショフのやる気のなさが気になったけど、それよりも試合後。「今日のテーマは“笑顔”です。プロレスラーは強いんです!」ときたもんだ。“笑顔”“プロレスラーは強い発言”……まさに第2の桜庭状態だ。中邑が今後も総合(ROMANEX)に出るのかは分からないが、“新グレイシーハンター”須藤元気を含めて、ROMANEXから英雄(ヒーロー)を生み出そうとしてるのがよく分かった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif