プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年06月16日

紙で読む漫画ともアニメとも違う、デジタルマンガの可能性

Posted by JS at 00:04 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
“紙をデジタル化”の、その先へ〜セルシス(ITmediaモバイル)

 「結局は紙で(過去の名作を)……というスタンスでは、世界が狭まる」(川上氏)
 セルシスは、モバイルコミックをデジタル世代の新しいコンテンツにするような技術も用意している。

 電子書籍ともリンクするが、デジタルコンテンツとしてのマンガも面白そう。私もケータイで四コママンガを読んだりはしてる。
 液晶画面で文字を読む電子書籍よりも、基本的には絵が主役のマンガのほうが、ケータイやPDAで読むのもラクだし、デジタル化した時に動きを付けたり、音を付けたりできて、紙で読む漫画とも、TVで見るアニメとも違う新しい魅力が出てきそう。
 GBAや、今後発売されるPSP、ニンテンドーDSなどで読めるようになると、子供たちのあいだでも流行る可能性はある。それに、最近は人気の『GANTZ〜ガンツ〜』を始め、PC上で背景を描いたり、色付けたりするマンガも増えているし、「紙の作品をデジタル化する」のではなく、すべてデジタルでマンガを描いてしまうことも可能だろう。漫画家志望の人にとっても、“デジタル漫画家”としてデビューするなんていう道も開けるような気もする。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif