プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年06月28日

チョ・ナンカンが出ていても韓国映画ってことではない

Posted by JS at 17:14 / Category: ニュース / 1 TrackBack
SMAP剛も感激! 「ホテルビーナス」最優秀作品賞(SANSPO.COM)

 SMAPの草なぎ剛(29)が主演した映画「ホテルビーナス」(タカハタ秀太監督)が27日、第26回モスクワ国際映画祭のコンペティション・パースペクティブ部門(新人監督作品対象)で、最優秀作品賞を受賞した。

 『ホテルビーナス』は機会があって劇場で見たのだが、私は当初勘違いしてて「日本人の監督による韓国映画に、草なぎ君が韓国人役で出る」のかと思っていた。
 実際は全編韓国語なものの、とくに“韓国”という舞台設定があるわけでもなく、撮影場所はウラジオストクだったりして、無国籍な雰囲気の不思議な映画だった。とりあえず無国籍な雰囲気にモノクロの画面で、LovePsychedelicoの曲がすごくハマってた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif