プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年06月30日

「世界最強の男になるからね」の浜中は猪木事務所所属に

Posted by JS at 17:44 / Category: 【格】格闘技全般 / 1 TrackBack

Hamanaka.jpg 先日、新日本プロレス・ロス道場主催の『TOUKON』に“アルティメット・クラッシュ・ルール”で出場した、元・高田道場の浜中和宏選手だが、本日発売の『週刊プロレス』によると、6月1日付けで猪木事務所所属になったとのこと。藤田、LYOTOに続く第3の男か。
 今後も「総合とアマレスを両立していく」らしいが、とりあえずは『ROMANEX』を主戦場にしていくらしい。しかし、そのROMANEXも“エース”だったサップは総合格闘技を封印してしまい、タイソンは借金返済のためにボクシング復帰が濃厚。「タイソンと闘うために」ROMANEXに参戦し、サップを倒した藤田の相手がいない状況だ。あとはヒクソンとなるが、ヒクソンが藤田とやるとも思えない。K-1が総合だけの大会(ROMANEX)を開催するのはかなり厳しい状況っぽいが……

 ちなみに新日本のサイモン猪木取締役は、アメリカでWWEに対抗するプロレススタイル(ストロングスタイル)の新団体を旗揚げする可能性があるとのこと。
 ディレクTVをはじめ、アメリカのメディアが『TOUKON』を見て、WWEのプロレスとは違う“ちゃんとしたプロレス”に関心を持ったことで、かなり手応えをつかんだようだ。新団体は当然、新日本プロレスが母体となるが、ロス道場と協力関係を結んだ闘龍門メキシコ勢も参戦するだろうし、総合ルールをやるならライオンズ・デンの選手やブラジル勢も参戦してくるかもしれない。
 確かイノキボンバイエがアメリカでの興行開催権を「MMA」ではなく、「プロレス」で取得したというニュースを以前見たような気がするが、それを使うのか? 日本では『ハッスル』に押され気味の新日本だが、アメリカで「新日本ここに在り!」をアピールできるか!?

浜中、KO勝利 ヒートはV6防衛=TOUKON5(スポーツナビ)

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif