プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年07月01日

7.19武士道4のカード決定! 日本人柔道ファイターに期待

Posted by JS at 18:58 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 0 TrackBack

ミルコvs大山! 美濃輪はヤマケンと対戦(スポーツナビ)

 7.19 PRIDE武士道4のカードが発表になった。今回の日本vs世界は、日本vsブラジリアン・トップチーム。しかも大将戦は絶好調の中村と、桜庭を倒したホジェリオだ!
 ミルコの相手は、久し振りの試合となる大山に決定。PRIDEの新陳代謝はやたら早い。大山選手も「期待の新星」と呼ばれていたのはもう何年も前の話。日本人実力者(しかも同じ柔道系ファイター)も多数参戦してきているだけに、ここで「大山ここに在り!」を見せられるかどうか大事な一戦。ミルコもGP戦線やタイトル戦線から後退しているだけに、負けられないのは当然だが、そんなミルコだけに「もしや!?」の可能性もないわけじゃない。
 あとはヤマケンvs美濃輪なんていう“熱い”日本人対決もあるし、桜井マッハの参戦も決定。武士道らしいカードが並んだ感じ。ただ、名古屋か。遠いな……

<日本vsブラジリアン・トップチーム 3対3>
中村和裕 vs アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
小路晃 vs パウロ・フィリォ
五味隆典 vs ファビオ・メロ

大山峻護 vs ミルコ・クロコップ
美濃輪育久 vs 山本喧一
アマール・スロエフ vs ディーン・リスター
三島☆ド根性ノ助 vs マーカス・アウレリオ

<武士道挑戦試合>
阿部裕幸 vs ルイス・ブスカペ
佐々木恭介 vs 光岡映二

PRIDE武士道「打ち切り」宣告に発奮(スポーツナビ)

 私の中で武士道シリーズはPRIDEナンバーシリーズへの登竜門的大会。だから多少カードがショボくても、知らん選手が出ていてもいいと思う。ただ、箱(会場)や入場料金(PPV料金)がナンバーシリーズとほとんど変わらないばっかりに、ミルコやシウバといった“大物”を出場させて(大物選手にとってリスクの少ない)チャレンジマッチ的なカードを組むのはいかがなものかと……。
 本家のナンバーシリーズが最近やたら豪華なんでドンドン差がついちゃってるし、だったら武士道シリーズは入場料金とかも“お手頃価格”にしてみてはどうだろうか? その上でカードとかももっとマニアックというか、実験的なものを組んでみても面白いと思うが……まぁ、武士道シリーズを開催することで経営を圧迫するなら打ち切りも致し方なしか。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif