プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年07月02日

ソニー、最後尾からの大逆転を高らかに宣言

Posted by JS at 16:08 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
「HDDウォークマンは半年、1年でiPodを追い抜く」−−ソニー・安藤社長(ITmedia ライフスタイル)

 同社は発表されたNW-HD1を始め、VAIO Pocket(VGF-AP1)、ポータブルビデオプレーヤーPCVA-HVP20など、HDDを搭載したポータブルデバイスをいくつかリリースしている。それぞれに特徴はあるものの、“HDDを搭載したメディアプレーヤー”である点は共通しており、ユーザーに分かりにくさを与えている。
 この点について安藤氏は「個人の好みはそれぞれ異なり、一つの商品でカバーするのは難しい。発売している商品は、それぞれユーザーニーズの切り取り方が異なっている」と主張。

 そうかな? 最近のソニーは機能が被った商品をいろいろな部門から出していて、迷走してるとしか思えんのだが……。VAIO Pocket買っちゃった人は、昨日のNW-HD1の発表を見て悔しい思いをしてると思うのだが、そんなことはないのだろうか?
 私もiPodの前は長年ソニーのウォークマン(カセット→MD)を愛用してきたソニー党だが、HDD搭載オーディオプレーヤーは完全に出遅れだと思うし、「iPodを追い抜く」って言ってる割にはMacには非対応だし。
 そりゃiPodに不満がないわけじゃないけど、安いものでもないし、ソニーのやつに革新的な機能(PCを介さず音楽を取り込めるとか、PS2やPSPと連携できるとか)があるわけでもないので、買い替えるほどの理由は見当たらないな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif