プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年07月26日

銀座の真ん中で、iPod miniがAppleを救う

Posted by JS at 12:16 / Category: ネットで発見 / 2 TrackBack

24日の「アップルストア銀座」はやっぱりすごかった(ITmedia ライフスタイル)

 先週末の24日にAppleのiPod miniがようやく日本でも発売開始され、銀座のアップルストアに長蛇の列ができたのは、メジャーニュース各紙でも取り上げられていた。
 このクソ暑い中、長蛇の列を作り、用意されていた1300台が16時過ぎには完売したというのだからスゴイな。Appleの製品でここまで活気があるのも珍しい。
 私は現在、第3世代iPodを愛用中なので、miniはスルー。まだ実機も見ていないのだが、見ちゃうと欲しくなっちゃいそう。各色、写真と実機だと結構印象も違うようで、どの色も実機だとかなりいい感じのようだ。

 「以前はMacintoshユーザーだったのだけど、いまはPCです。でもいい機会だからMacintoshに戻ろうかな」とのこと。まさに術中にはまってらっしゃる。

 こういう人も結構多いんだろうな。新iMacももうすぐ出るし、iBookもお手頃価格だし。iPodはWinでも使えるし、ソ○ーにみたいに「その機能はVAI○がないと使えないんだ」というようなこともほとんどない。でも、なぜかMacで使いたくなる。
 miniを買った勢いでMacまで買くれるなら、Appleは笑いが止まらんな。ホント、iPodはAppleの救世主だわ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif