プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年09月02日

自分と似た境遇のマンガ家さんを発見し、単行本を大人買い!

Posted by JS at 03:34 / Category: つぶやき / 0 TrackBack

Chaos-vol10.jpg 「めんかたぁぁぁぁぁぁー、こってりぃぃぃぃぃー!」と、意味もなく絶叫しながら仕事しております。8月は世間様が夏休みだったせいか、私も仕事がほとんどなく、もう死活問題だった。9月に入った途端、仕事がいくつか入ってきたので、ギリギリセーフって感じ。危なかった……。
 で、そのヒマだった8月は何をしていたかというと、山ほど本を読んでた。普段、仕事柄本をよく買うのだが、読む時間がなかったりして結構読んでいなかった本が溜まっていたので、もう片っ端から読んでやりましたさ。マンガもいくつか読んだのだが、その中でも『週刊アスキー』で連載されている、水口幸広画伯の『カオスだもんね!』にハマってしまった。

 週アスは毎週立ち読みしているので、当然カオスも読んでいるし、ネットラジオを聴いたもしていたのだが、それもここ数年だけだったので、現在単行本になっている部分とかはほとんど読んだことがなかった。
 最初のキッカケは、近所の書店でたまたま1冊だけポツンとあったカオスの単行本10巻を発見し、「あ、カオスか。これ面白いよなぁ。試しに単行本読んでみるか」と購入。これがまた奇遇にも、この巻で作者(著者)の水口画伯が離婚をしていたことをカミングアウトしていたのだ。「フリーランス」「離婚」「自宅で1人で仕事をする孤独感」と妙に自分とマッチする部分が多く、一気にカオスファンになってしまい、単行本を大人買い(=単行本を一気にコンプリート)してしまったのだ!(だけど、このカオスってなかなか書店に置いてないのね。探すの大変だった)
 水口画伯と言えば、カオスの作者(イラストレーター兼マンガ家)でありながら、ネットラジオのDJやTVのナレーターもこなす売れっ子で、私なんかとは全然違う立場の人だが、作品中に少しでも自分と似た部分とか共通点なんか見つけちゃうと、妙に身近な存在のように思えてファンになっちゃうんだよなぁ〜(単純?)。ガンダム好き、プロレス好きっていう共通点もあるし。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif