プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年09月13日

遅ればせながら、ようやくキンコロIIをやってみた

Posted by JS at 12:14 / Category: つぶやき / 0 TrackBack

PS2_kc2.jpg 発売直後に購入したのだが、ちょっと忙しくてほとんどやる暇がなかったPS2ソフト『キングオブコロシアムII』(スパイク)を、昨日の深夜からようやくやり込むことができた。
 キンコロは私も大好きだった『ファイプロ』シリーズの進化版にあたり、操作感などはファイプロと同じなのでやりやすい。ゲーム下手な私でも十分遊べる。前作は赤ディスク(新日本&全日本ほか)、緑ディスク(ノア&ZERO-ONEほか)に選手が別れ、ディスクチェンジをしないと新日本vsノアの対戦などができなかったが、今作は1枚のディスクにすべて収録されているのでかなりラクになった。
 また、今作からの新機能「マッチメイカー」モードがなかなか面白い!

 プレイヤーが新日本、全日本、ノア、ZERO-ONE、WJのマッチメイカーとなり、興行ごとに決められた条件の下、その日のカードをマッチメイクしていくのだ。試合が盛り上がり、観客の満足度が高いとステージクリヤとなる。WJモードでは、まだ健介や天龍も参戦してくれるものの、ほかの参加選手はインディーの選手が多く、なかなか盛り上がるカードが組めない。興行終了後、永島のオヤジに「これだけの豪華メンバーが揃っているのに、なぜ活かせないんだ!」と怒られると、「そんなこと言ってるから潰れるんだろ!」と思わずゲームに向かって言いたくなるほどだ。

 今作には収録されなかった鈴木みのるや小川直也、恐らく著作権の問題で収録できないヒートやタイガーマスクなども、エディットモードに“それらしい”選手がサンプルとしているので、作るのも簡単。
 ロードの長さやタッグマッチの際に動きが重くなること(マッチメイクモードをやっていると、6人タッグもほしいのだが、タッグで重たくなっているから到底無理か?)を除けば、かなり楽しめるゲームだと思う。前作で不満だった部分も結構改善されていたので、この調子で新作を1年に1本くらい出してくれれば嬉しいなぁ〜。

 キンコロII公式サイトは↓こちら。
 KING OF COLOSSEUM II

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif