プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年10月04日

ボンバイエ中止を受け、PRIDEvsK-1の大晦日戦争は激化必至!

Posted by JS at 13:53 / Category: 【格】格闘技全般 / 1 TrackBack

大みそか猪木祭、ゴタゴタ続きで開催せず(nikkansports.com)

 まぁ、そもそも北朝鮮でのボンバイエ開催はかなり無理があったのは確か。先日の北朝鮮でのテコンドー大会でも新日本のレスラーvsテコンドー選手の試合は実現せず、レスラー同士のエキシビジョン止まりだった。やはりボンバイエは昨年大晦日の時点でPRIDE、K-1を向こうに回しての開催はキツイということは誰もが分かっていたことだ。
 しかしボンバイエが中止になったことでPRIDE(男祭り2)とK-1(Dynamite!!)の大晦日興行戦争はさらに加熱することは必至か。すでに男祭り2はヒョードルvsノゲイラの再戦、桜庭の参戦が予定されている。Dynamite!!は魔裟斗の参戦、大物柔道家のプロ転向第1戦(?)などが予定されている。
 K-1側はここぞとばかりに猪木事務所の選手(藤田、LYOTO、浜中)にはオファーは出すだろうし、猪木自身をまたも“闘いの象徴”として引っ張り出してくる可能性はある。PRIDE側はジョシュをはじめとする新日本の選手にオファーを出すかもしれないが、猪木がK-1とくっつけば“オーナー権限”を発動させて横槍を入れてくる可能性もある。今年も選手の争奪戦は激化しそうだな。

 格闘技界は相変わらず盛り上がっているが、プロレス界は暗いニュースばかり。

大谷眼窩骨折…団体も絶体絶命/ゼロワン(nikkansports.com)
GAEA突然の解散発表…来年4月まで(nikkansports.com)

 選手層や観客動員の面で、比較的安定している印象のある両団体がこういう状況では……。プロレス界はどうなっちゃうのだろうか?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif