プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年10月07日

PSPはCLIEに代わるエンターテインメント端末なっちゃうのか!?

Posted by JS at 18:39 / Category: ネットで発見 / 0 TrackBack

PSPの全貌に迫る! 開発者インタビュー 〜PSP徹底解剖〜(ゲームサイト eg)

PSP.jpg SCEネットワークシステム開発部部長・川西泉氏へのインタビューで、ソニーの携帯ゲーム機『PSP』の全貌へと迫っている。
 当初はPS One(初代プレステ)が外に持ち出せるようなコンセプトだったようだが、出来上がってみたらPS2に肉薄するレベルらしい。そりゃスゴイ携帯ゲーム機だな。
 気になったのは、「ゲーム機としての可能性は非常に高いだけでなく、コミュニケーションの世界を広げられるものだと思っています。例えばの話、PSPにカメラやGPSといった外部のデバイスをつけるといったこともあるかもしれませんが、このPSP単体だけでも無線LANが持つ可能性は非常に高いと思いますね」という発言。文字入力をどういう方法でやるのかは分からないが(外付けキーボードあたりは出るだろうけど)、無線LANが内蔵しているということは、外出先でホットスポットなどを利用して、ブラウジングやメールの送受信までできてしまうかもしれない。それにPSPの液晶画面は大きくて綺麗だし、メモリースティックにはATRAC3PlusのほかMP3も対応しており、MP3プレーヤーとしても使えそう。
 PSPはただの携帯ゲーム機に止まらず、デフォルトの状態でCLIE並みにエンターテインメント端末として使えそうだ。言い換えればCLIEでできることが、PSPでもほとんどできてしまう……のかもしれない。こういったエンターテインメント端末は価格や認知度の点でCLIEではさほど売れなくても、PSPなら売れるような気がする。ただでさえ最近はソニーもあまり力を入れているように思えないCLIEだが、PSPが発売されたら、さらに存在感がなくなっていきそうな気がするなぁ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif