プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年10月18日

ZERO-ONE星川が急性硬膜下血腫で、緊急手術!

Posted by JS at 12:40 / Category: 【プ】ZERO1-MAX(ZERO-ONE) / 0 TrackBack

星川が意識不明、後頭部を強打/ゼロワン(nikkansports.com)

 星川選手は3日の後楽園大会でも試合中に失神してしているので、ちょっと危ないような気がするが、上の日刊の記事を読む限りだと、星川選手が意識不明になったということしか分からない。

ゼロワン星川が頭部強打…意識不明(スポニチアネックス)

 見出しこそ日刊とあまり変わらないが、スポニチの記事には「約3時間にわたる緊急開頭手術を受けたところ、急性硬膜下血腫と診断され、命は取り留めたものの意識は戻っていない。後遺症としてマヒが残る可能性もあり、引退を余儀なくされそう」とある。これは相当危険な状態じゃないか! かつて同じような状況で何人かのレスラーが亡くなっている。
 橋本の手術による長期欠場、外国人選手の他団体流出、ハッスルと差別化しながらの両立などで、ZERO-ONEが苦しい状況だというのは専門誌などを通じて知っているが、金網などを使ったハードコア路線は正直疑問。何かFMWの末期を連想させる……。大谷も眼窩骨折をしながらも出場し続けているし、ちょっと無理をし過ぎのような気がするな。プロレス界全体に警鐘を鳴らす大事故だが、とにかく今は星川選手が全快することを祈ろう。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif