プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年11月11日

神のひと声で祭りに集う息子たち……

Posted by JS at 21:19 / Category: 【プ】新日本プロレス / 2 TrackBack

猪木「故郷で再生させる」 藤田、カシンも参戦=闘魂祭り(スポーツナビ)

 そういえばカシンも猪木のもとに帰ってきた一人だったなぁ(噂されていた猪木事務所入りはしていないようだが)。しかし、あの台風直撃の両国で露骨に「もうプロレスやりたくねぇよ」オーラを出していた藤田も、“神のひと声”で再びプロレスをやることに。
 その二人の相手は、“選ばれし神の子”だけど神(猪木)には怒っている中邑と、“ボビーに苦しめられた男”中西。一応、現在の新日本プロレスでは、本隊とブラックホールに別れて抗争している二人ですけど、神にとってはお構いなし。お得意の「あっしの知ったこっちゃあねぇですよ」ですね。
 カシンと中西の絡みはちと楽しみですが、何ともしっくりこないカードですな。どうせならアルティメットクラッシュ・ルールで、カシン(石澤)vs中西と中邑vs藤田をそれぞれやったほうが、選手もお客さんも喜ぶと思うのですが……

 猪木のもとにかつての愛弟子が集結する中、全日本の武藤、ZERO-ONEの大谷や高岩たちはあくまでも猪木(新日本)には絡みたくない様子。
 とくにZERO-ONEは大谷たちと破壊王とも別の道を進みそうな感じ。そんな中で、あの小原もZERO-ONE参戦を表明。また、中村氏は大谷派だが、「中村カントク」として小川のセコンドには就く予定。そして長州は同じ日に行われる新日本の大阪ドーム大会にも、ZERO-ONEの府立体育館第2大会(大谷とのタッグ)にもラインナップされている。プロレス界はどうなっちゃうんだろうなぁ……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif