プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年11月23日

お店で商品にケータイを向けるのってどうなの?

Posted by JS at 22:04 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack

お店でパシャリはOK? Amazon、商品バーコードをカメラで読み取るiアプリ(ITmediaモバイル)

 例えば友人の持っている本や、お店で見つけた商品などで気になるものがあれば、iアプリ(Amazonスキャンサーチ)を起動し、バーコードを携帯でスキャンすると、Amazonモバイルで扱いがあるかどうか、いくらで販売されているかが分かる仕組みだ。

 う〜ん、このサービスってどうなんだろう? 店の中で商品にケータイかざすって、ちょっと抵抗あるし、店員さんもそんなことしてるお客を見たらいい気はしないと思うなぁ。とくに書店でケータイのカメラ機能は御法度だが、Amazon側は「Amazon.co.jpが書店に訪れるお客の情報源になっているという認識が書店側にもあるので、心配していない」としている。果たしてそうだろうか?
 それに商品によっては、バーコードで検索してみたらAmazonのほうが安かったりするものもあるだろう。そうなったらその店で買わないよなぁ。
 図書館や友人に借りた本やCDで「これ、ほしいな」と思ったものに対しては便利なサービスかもしれないが、お店によっては「商品にケータイのカメラを向けるの禁止!」ってするところも出てきそうだな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif