プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年11月25日

橋本ZERO-ONEは活動停止だが、大谷らはZERO-ONE継続へ

Posted by JS at 21:47 / Category: 【プ】ZERO1-MAX(ZERO-ONE) / 2 TrackBack

橋本ZERO−ONE活動停止(スポーツナビ)

 “橋本のZERO-ONE”(有限会社ゼロ・ワン)が活動を休止することを発表した。
 旗揚げ戦こそノア、新日本、小川など豪華メンバーが集まり、注目の新団体として発進したゼロワンだが、その後新日本やノアとの交流が途絶え、第1回火祭りのゴタゴタ、格闘技路線『真摯』のスポンサーが倒産、OH祭の中止など、トラブル続きという印象が強かった。それでも、独特な雰囲気の外国人路線や全日本勢や長州の参戦などで話題を呼ぶこともあったが、一発大勝負を狙った『ハッスル』への参加により、小川や外国人勢がゼロワンのリングから遠ざかり、肝心のゼロワンの興行にお客が来なくなるという、不測の事態を生んでしまった感がある。

 この不況の昨今、プロレス人気も下降気味という状況だけに、団体が活動停止すること自体はそんなに驚かない。しかし今回の場合、“橋本のゼロワン”は活動を停止する(有限会社ゼロ・ワンから全員解雇)が、大谷選手や中村氏をはじめ、橋本以外の選手・スタッフは新生ゼロワンとしてやっていくようだ(新会社「ファースト・オン・ステージ」を設立→ZERO-ONEというイベントを開催するというカタチらしい)。
 状況的にはかなり厳しいことに変わりないが、星川選手が帰ってくるリングを残すためにも、新生ゼロワンにはぜひ頑張ってもらいたい。一方、破壊王はというと、例え手術が成功したとしても、帰ってくるリングはゼロワンではない。その原因は色々と噂されているし、耳に入ってくるが……う〜ん、破壊王も悪い人じゃないだけになぁ……。“アノ人”なら「スキャンダル? 関係ねーよ。帰ってくればいいじゃねーか」って言ってくれそうだけど。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif