プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年12月08日

PSPは“ゲームもできる”高性能なデジタルAV機器みたい

Posted by JS at 02:25 / Category: ネットで発見 / 1 TrackBack

早速ゲットしたPSPにしみじみ感動(ITmediaニュース)

 12日発売の『PSP』をフライングゲットしたITmediaの記者によるハードレビュー。
 すでに発売されている『ニンテンドーDS』は、ネット上のレビューなどを見ると、本来“玩具”であるゲーム機として、ど真ん中なハードのようだ。一方PSPのほうはというと、上記の記事を読む限りでは、“ゲームもできる”デジタルAV機器の印象が強い。PCとの連携、音楽を聴く(MP3プレーヤー)、写真を綺麗に見る(フォトビューワー)ことに関しても、かなり使える様子。携帯ゲーム機戦争をしている両者だが、やはり方向性は違うようだ。新日本プロレスとハッスルくらい違うな(いや、格闘技と純プロレスぐらい違うかな)。
 デジタル機器好きな私は、記事を読んでPSPにグッと心が揺らいだのだが、私を含めてMP3プレーヤーはすでに持っている人も多いだろうし、PSPが採用しているメモステDuoは容量が少ない割に高価だったりする。デジカメで撮った写真を見るのって、普通はPCで十分だろうし、やはり購入するかどうかの“決め手”は「やりたいゲームがあるかどうか」になりそう。そうなると、ニンテンドーDSも再び選択肢に入ってくるな。UMDによるムービー再生とかが普及するようだと、PSPのポイントがさらに上がってくるけど、う〜ん、とりあえずもうしばらく様子見だな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif