プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年12月09日

日本、あの国にナメられまくり! いよいよ切り札を使うのか?

Posted by JS at 22:54 / Category: ニュース / 0 TrackBack

「松木さん遺骨」も別人 政府代表団持ち帰りの骨を鑑定(asahi.com)
遺骨は横田めぐみさんと別人と政府発表 北朝鮮に抗議(asahi.com)

 なんじゃ、こりゃ。完全に日本はナメられているな。どうやら「焼いた骨はDND鑑定できない」と思って、北朝鮮は遺骨を渡したらしいが、どっこい、この手の日本の技術は日々進化してるわけで、しっかり“別人”だと判明したわけだ(しかも意外と早く)。
 そこで俄然盛り上がっているのが、経済制裁なわけだが、これは日本にとって“切り札”のカード。それだけに感情に任せて闇雲に「切ってしまえ!」というのは危険だが、トップの小泉さんが「あくまでも慎重に。交渉を続けていかなければ」という、どうにも煮え切らない態度なのも何とも歯痒い。
 切り札のカードっていうのは、実際に切った後よりも、相手に対して「本気で切るぞ!」と思わせることが有効だという。切り札は日本が持っているんだから、これを有効に使ってキチンと結果を出せる“外交”ができる政治家っていないの? ビジネスマンの中には、世界を相手にバリバリ外交してる人も多いのにね。

W杯予選、初戦は北朝鮮と対戦(nikkansports.com)

 また、このタイミングでこんな因縁カードが決まったらしい。とりあえず、まずはスポーツの世界であの国に「ギャフン!」と言わせてほしい。サッカーファンじゃないけど、この時ばかりは日本を応援するぞ!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif