プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年12月16日

【速報】男祭り決定カード発表第3弾! 柔道vs相撲の国技対決が実現

Posted by JS at 16:47 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 2 TrackBack

041216Sentoryu-Takimoto.jpg 本日、都内某所で『PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-』の記者会見が行われ、下記の対戦決定カードが発表された。

<本日発表されたカード>
▼瀧本誠×戦闘竜
▼美濃輪育久×ステファン・レコ
▼ジャイアント・シルバ×チェ・ム・ベ
▼長南亮×対戦相手未定

 先日、男祭り参戦が電撃発表された柔道家・瀧本選手のプロ格闘家デビュー戦の相手が、相撲出身の戦闘竜選手に決定した。当初から異種格闘技戦のようなカードを組む予定だったDSE側は、K-1出身のマーク・ハントも対戦相手候補に入れていたが、ハント選手が12月上旬に足を負傷(全治1カ月)し、男祭り自体に参戦不可能となり、このカードは消滅。瀧本選手がハントか戦闘竜か選ぶ前に、自動的に戦闘竜に決まったと経緯を説明。
 瀧本選手自身も「戦闘竜選手で異論はない」と語っているとのこと。対する戦闘竜選手も「瀧本選手にPRIDEのリングがどれだけ厳しいものか見せたい。お互いに日本の国技を賭けて闘えて嬉しい。できれば相撲技で決めたい。張り手でKOとか。瀧本選手が柔道衣を着てても、衣を着た相手と柔術の練習もしているので不安はない」とやる気満々。柔道vs相撲という日本国技対決が実現することとなった。

041216.jpg美濃輪「今年一年、武士道に出させてもらったが、あまりいい結果が出せずに年末を迎えることになった。このままでは日本に帰れないので、男祭りに出させて欲しいとお願いした。頑張って(レコを)殺しますので、よろしくお願いします」

長南「83キロ契約の試合は自分の試合だけだと思うので、この階級の強い選手と殺し合いをしたい」

 ちなみに「レコとはSADAMEを感じるか?」という質問に対して、美濃輪選手は「SADAMEというのがよく分からないが、レコ選手はK-1の選手で、僕自身は、え〜……(※長〜い沈黙)………殺します」と唐突につぶやき、横にいた高田統括本部長や榊原社長も思わず苦笑いするというシーンも見られた。また、美濃輪選手は「昨年の男祭り同様、第1試合で試合をしたい」とアピールしていた。

 榊原社長は武士道シリーズは来年も継続していく方針とのことで、「武士道を背負っていく五味、美濃輪、長南の3選手を男祭りに抜擢した」と語った。また、戦闘竜選手の相撲殺法に関しては、「突っ張りは掌底だから反則ではない。ブチかましは微妙かな(苦笑)。頭からぶつかっていったら反則だけど、PRIDEの中でどう相撲の技を出すかがポイント」と語った。
 また、男祭りは全11〜12試合を予定し、長南のカードを含めた残りの2〜3試合は遅くても10日前までには発表したいとのこと。

<既報対戦カード>
▼エメリヤーエンコ・ヒョードル×アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
▼吉田秀彦×ルーロン・ガードナー
▼桜庭和志×ヴァンダレイ・シウバ
▼近藤有己×ダン・ヘンダーソン
▼五味隆典×ジェンス・パルヴァー
▼ミルコ・クロコップ×ケビン・ランデルマン

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif