プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2004年12月16日

ケンスキーがドラゲーのリングで坊主になっちゃった!

Posted by JS at 22:50 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

ケンスキー佐々木、敗北で自らバリカン(スポーツナビ)

 バリカンを投げつけたケンスキーだが、「約束は約束だ」と、自らバリカンで頭を刈り始めたたため、逆にマグナムたちが大慌て。リング上で髪の毛がバッサリと落ちるほど刈り上げたケンスキーに、観客は大きな拍手を贈った。
 控室に戻ったフロブラ一行は無残な坊主頭を並べてしょんぼり。北斗が「美容院に行くと金がかかるからな」と残った髪の毛もきれいに刈り上げ、完全な坊主頭になった健介は「これからだよ」と笑顔をのぞかせた。

 「ケンスキー佐々木」というキャラクターは、フリーになり、レスラーとしてグッと幅の広がった健介の中でも、一番ハジけてる。プロレス大賞のMVPを取ったほどの今年の健介の活躍の中でも、ある意味一番インパクトがあったかもしれない。だからこそ、例えゲスト出場のドラゲーであっても、自ら“オチ(坊主)”を担当するだけの価値がある。
 健介の坊主といえば、海外で総合の練習をして帰ってきたときを思い出すが、あの頃は大して話題にもならなかったが、今回の坊主はインパクトがあるね。それだけ健介のレスラーとしての価値が上がったということか。何なら最近タッグを組んでる鈴木みのるのように、あの奇抜な剃り込みでも入れれてみたらどうだろか?
 しかし最近のドラゲーは誰が坊主になるか分からんな。岡村社長に続き、ケンスキーまで坊主になるんだもんな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif