プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年01月06日

売れてきた矢先に中島、白血病で倒れる! 頑張れ、カンニング!

Posted by JS at 17:34 / Category: ニュース / 1 TrackBack

カンニング中島が骨髄性疾患で入院(nikkansports.com)

 昨年末の『虎の門』に出演していたとき、真っ青な顔色をしていて、出演者一同から「おい、大丈夫なのかよぉ!」と突っ込まれていた中島(なかじまではなく、なかしま)。その後、中島はテレビに出演しなくなり、竹山は年末年始のバラエティ番組に一人で出演。なので、「中島は大丈夫なのか?」と心配していたが、今朝このニュースを見て驚いた。
 私はカンニングの“キレ芸”は大好きだが、やはり竹山のキレっぷりは、中島がいてこそ光るもの。孤軍奮闘している竹山は、頑張って相変わらずキレてはいるが、どこか寂しげに見える。ようやく最近売れてきて、『ガチンコ視聴率バトル』でも首位を奪取し、冠番組をやらせてもらえることになっただけに、さぞかし病床の中島も無念だろう。
 今日行われた記者会見によると、中島の病状は良性の“急性リンパ球性白血病”とのこと。かなり重い病気ではあるが、命に別状はないそうだ。中島には一日も早く元気になってほしいしが、復帰まではかなりかかるだろう。竹山には中島が復帰するまで、一人でもカンニングらしくキレてキレて、キレまくりながら頑張ってほしい。苦節12年、ようやくブレイクしかけた、このタイミングで、またも試練に立たされたカンニングを私は断然応援する!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif