プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年01月07日

面白いプロレスを見せてくれるのは、猪木か? 上井氏か? 前田か?

Posted by JS at 13:43 / Category: 【プ】新日本プロレス / 1 TrackBack

【新日本】5月東京ドーム…レスナーvs曙!猪木が宣言(SANSPO.COM)

 1.4新日本ドーム大会はテレビで見たが、正直面白くなかった。アルティメット・ロワイヤルは2試合同時に行われる意味が分からんし(バトルロイヤル的楽しみがない)、総合ルールにある緊張感や殺伐感も感じられない。メインの棚橋vs中邑も、この試合がかつての山田vs船木のような“つかみ”だったら良かったのかもしれないが、ドームのメインとしては軽すぎる。テレビ画面から迫力が伝わってこない。相手を仕留めるだけの説得力が技から感じられない。しかもテレビ中継では、なぜか過去の異種格闘技戦の試合を流すのも意味が分からない(バトロワが総合格闘技ではなく、異種格闘技戦ってことだったりして)。
 視聴率も目標に到達せず、6.3%止まり。いや〜、新日本は本気でヤバイなと思う。猪木もかなり危機感を持っているようで、新日本の新エースは天山でも中邑でもなく、元WWEのレスナーに白羽の矢を立てるようだ。いや、確かにレスナーなら説得力のある技もあるし、迫力ある試合もできるだろう。もしかしたら総合ルールでもいけるかもしれない。猪木の持つレスラー像には近い。そのレスナーの相手が、(実力はとりあえず置いておいて)“かつてのアンドレのような”曙とか、“かつてのハンセンのような”サップとか、“かつてのストロング小林のような”藤田だったら、猪木がバリバリエースだった頃の新日本を再現できるかもしれない。……でも、それって新日本プロレスかなぁ?
 一方、「もう1つの新日本」という噂の元新日本取締役・上井氏プロデュース興行(3月開催予定)には、外敵四天王やK-1選手のほか、猪木経由でレスナーも参加する可能性があるし、あの前田日明がプロデューサーとして参加するのではという噂。テレビ中継もやる方向で進んでいるらしい。
 私たちプロレスファンが見たがっている「面白いプロレス」を見せてくれるのは、猪木の「猪木全盛時代の新日本のリバイバル」なのか? それとも上井氏の「強いレスラーを見せる興行」なのか? それとも、前田が再びプロレス界に降臨し、プロレスにその存在感とアイデアを提供してくれるのか?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif