プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年01月19日

「バンドやってても全然モテない!」と熱く語るサンボマスターは最高だ

Posted by JS at 03:38 / Category: つぶやき / 0 TrackBack

Kiminikatarikakeru.jpg 浅草キッドの博士さんも絶賛のサンボマスターが、みうらじゅん大先生(以下MJ)がパーソナリティを務めるJ-WAVEの『TR2』にゲスト出演していた(安斎さんはこの日、お休み)。
 サンボマスターといえば、「青春ロック」と呼ばれる、ちょっと気恥ずかしくなるくらいストレートな歌詞に、エネルギー溢れる歌と演奏で人気のバンド。私も昨年からすっかりハマって聴きまくっている。いつも下ネタ満載のこのラジオで、サンボとMJがどんな話をするのかと思って、興味深く聴いていたら、やっぱり下ネタ満載だった。もう腹抱えて笑った。
 中でもサンボのボーカルの山口氏(カンニングの竹山似)はサイコーだ。「僕はですね、D.T.ではないですけど、バンドパワー童貞なんですよ! バンドの力でモテたことがない。このバンドやってても、ちっともモテないですよ!」と、熱弁を振るっていた。そうだ、それなのだ! いかにもバンドをやっていることでモテてそうな、G○AYやミス○ルなどでは、サンボが書くような詞や熱い(むしろ暑苦しい)演奏はできまい(やらないだろうけど)。MJの下ネタに構えるどころか、自らグイグイ話を進めていく山口氏が、詞と演奏とビジュアルから予想できる通りの人っぽくて、何か嬉しかった。ますますサンボのファンになった。アルバム『サンボマスターは君に語りかける』買います!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif