プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年01月24日

NHKでブログ特集をしたら、何か騒動になっちゃったみたいね

Posted by JS at 04:01 / Category: ネットで発見 / 2 TrackBack

 NHKの『特報首都圏』なる番組(1月21日OA)で、ブログが特集されたらしい。私はこの番組を見ていないのだが、どうやらこの番組で『ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]』さんなるブログが紹介されたらしいのだが、そのことでちょっとした騒動が起きているようだ。

 番組では「ブログを使ったビジネス」として、上記のブログサイトを紹介。このワーキングマザースタイルさんは、映画配給会社からの依頼を受けて、映画『シルヴィア』のレビュー記事を書くことになり、複数のサイトであらかじめどういう記事を書くか事前に打ち合わせをしている場面が放送されたらしい。
 読者はブログの書き手が仕事やタイアップなどではなく、独自に選んだ映画のレビューを素直に書いていると思っていたため、放送を見て「なんじゃそりゃ!」となったようだ。しかも番組では、ワーキングマザースタイルさんが報酬を受けて、レビューを書いているみたいな紹介をされたので、抗議が殺到したらしい。
 批判を受けて、ワーキングマザースタイルさんの管理人さんが「金銭としての報酬はいただいておりません」と弁明しているが、批判的なコメントを即削除したりしたせいで、騒動が長引いているようだ。

 確かにブログはビジネスをする上での武器の1つにはなると思う。それにアフェリエイトをはじめ、お金になることを取り入れるのはちっとも悪いことではないだろう。でも「ブログで儲かる」なんてうまい話、そうはないと思う(大半は小遣い稼ぎ程度では?)。NHK側も「いま話題のブログ」ちゅーことで、「ブログをやる→儲かる」というほうが番組的に面白いから、多少強引に仕立てたのかもしれない。それはそれで、また「ヤラセ」とか「ねつ造」とかっていう話になりそうだが……
 で、取材されたワーキングマザースタイルさんも、「対価を得ているという言い方をテレビではされてしまいましたが、レビュアーとして評価されているという対価です」なんていうワケの分からないことを言っているから、騒動になるのだ。実際はそういうビジネスをやっていようが、趣味だろうがどちらでもいいのだが、「報酬はもらっていない」と言うのなら、恐らく映画配給会社が映画とコンセプトが似ているブログを探してきて、「ちょっと宣伝してくれないですか? お礼に試写会に来ていいですよ。写真も使っていいですよ」とか言ってきた程度だろう。そのくらいは、このangle JAPANにも来る。それはたぶん、レビュアーとして評価されたとか、そんなレベルではなく、「いま話題のブログに粗品程度で記事にしてもらえるなら、金かけて宣伝するよりラクだし、経費も浮く」程度の話だろう。にも関わらず、ワーキングマザースタイルさんが読者が食い付きやすいように、批判的な記事を書くサイトや、出演者に重点を置いた記事を書くサイトを“事前に”決めていたなら、ブログ如きに凝りすぎだよ……。立派なアングルじゃないか。しかも、それを仕事ではなく無償でやっているなら、余程の暇人かプロレス心のある人だ。
 今回の騒動は何かどっちもどっちって感じだけど、話題が「ブログ」ってことで、騒動になった感じですな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif