プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年01月26日

いまの小中学生は「死人は生き返る」と思っているってホント!?

Posted by JS at 01:42 / Category: ネットで発見 / 1 TrackBack
15・4%が「死人は生き返る」 長崎で小中学生調査(Sankei Web)

 理由についてたずねると、約半数が「テレビや本で生き返る話を聞いたことがあるから」と答え、29・2%が「テレビや映画で生き返るところを見たことがあるから」、7・2%が「ゲームでリセットできるから」と回答した。

 いや〜、信じられないなぁ。15.4%って数字は結構多い気がする。いまの子供たちは、世の中には本気でドラゴンボールとかあると思ってんじゃないか? クリリンやヤムチャは何度でも生き返えるけど、学校の友達や親は一度死んだら生き返らないんだぞ!

 小中学生にとって死が身近じゃないのは分かる。それでも飼っていたペットが死んだり、おじいちゃんやおばあちゃんが死んだときって、「もう生き返らないんだ」ってことをズシーンと感じたりしないのかなぁ。
 確かにテレビとか本では「輪廻転生」っていうのもよく出てくるし、マンガなんかでは「死んだキャラが、あるキッカケで復活する(生き返る)」ことも多い。そういうのを幼い頃からすり込まれていると、勘違いしちゃうのも分からないでもないけどなぁ……
 中でも「ゲームでリセットできるから」っていうのは恐いな。世の中のことは、すべて使い果たしちゃったり、嫌になっちゃったら、ゲームのようにリセットすればはじめからやり直せると思っているってことか。世の中、そんなに甘くないで。
 なんだろう、ある意味純粋過ぎるのかなぁ? 最近はすぐ「子供に悪影響だ!」ってことで、テレビやマンガから毒っ気みたいなものが排除されがちだから、無毒・無害なものばかり与えていると、何でもかんでも信じちゃうというか、心の中にスルッと入っちゃうんじゃないかな。やっぱり必要悪というか、幼い頃から世の中の汚い部分とかいやらしい部分も、ある程度見聞きしておいたほうがいいのかもしれない。
 ちなみに私は幼い頃から、怪しさといかがわしさ満点のプロレスと、下品で低俗なお笑いを見て育ちました(笑)。そのお陰で死人が生き返るとも、ゲームのようにリセットできるとも思ったこともないし、そこそこ痛みの分かるタフな大人にはなりました。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif