プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年02月08日

きっかけは〜……ホリえもんのオールナイトニッポン!

Posted by JS at 23:13 / Category: ニュース / 1 TrackBack
堀江社長「ライブドア+ニッポン放送」でYahoo!追撃(ITmediaニュース)

 ニッポン放送への影響力を握れば、時価総額で3倍近いフジテレビにも間接的に影響を及ぼすことができる。売上高で約10倍のフジテレビをニッポン放送が傘下にしているという構図は、かねてよりフジテレビの経営リスクとして指摘されてきた。

 わー、せっかくフジテレビがニッポン放送の親玉(今までは逆)になろうとしたところに、ホリえもんが横槍入れてきたよー! ライブドアがニッポン放送の筆頭株主になったということは、ホリえもんは事実上フジテレビの大親玉だよ。ってことは、ベイスターズやヤクルトの親玉でもあるわけじゃん! 新規参入よりスゲーじゃねーか!
 『平成教育2005予備校』では1生徒として大人しく授業受けているが、これからは影の総番になるのか……

 「全チャンネル・全番組を録画できる『VAIO Type X』のようなハードが普及すれば、TVの見方は確実に変わる。ネットラジオの登場でラジオも変化する」(堀江社長)。

 確かにホリえもんの言う通り、既存の地上波ラジオはネットを活かし切れていないと思う。私もよくラジオを聴いているが、例えば聞き逃した情報なんかがあるとき、同じ情報をネットにもアップしてくれれば便利だなぁとはよく思う。そもそもラジオといえば、昔は若者たちにとって「ながら勉強」のお供だったり、深夜こっそり聴くのが楽しみだったものだ。ビジュアル(見た目の面白さ)はなくとも、言葉だけで十分笑わせてくれたラジオ(主に深夜番組)には大いに想像力をかき立てられ、楽しませてもらった(いまだにだけど)。それが今では、ラジオはすっかり衰退しているそうで、『オールナイトニッポン』も二部がなくなっちゃっているのね。二部、好きだったなぁ……
 テレビだって何かと規制が多くて面白い番組が減ったし、HDDレコーダーの普及でCMが飛ばされたり、視聴率が何かと問題になったりしている。これからデジタル放送に移行することもあって、テレビの見方というのも段々と変わってくるだろう。

 「ニッポン放送にかけるんだ!」と語るホリえもん(ライブドア)が、ニッポン放送という大舞台を使って、どんなことをしてくれるかは見物だ。ラジオ好きとしては、ラジオを面白くしてくれて、ラジオが盛り上がってくれるのは嬉しい。ネットラジオなんかもバンバン面白いものをやってほしいなぁ。まさか800億もかけておいて、『ホリえもんのオールナイトニッポン』をやりたいわけじゃあるまいな!?
 ネットラジオの面白さは、私もこのサイトで何度か書いてきたし、こういうものも出てきて、将来的にネットラジオはさらに活気づくし、面白くなると思うんだよなぁ〜。

 しかし同じ六本木ヒルズにあるJ-WAVEには目もくれず、ニッポン放送なんだなぁ。まぁ単にラジオ局を買収したいだけじゃなくて、それをキッカケにフジテレビやポニーキャニオンなど、フジサンケイグループというデカイとこを狙っているのが、いかにもホリえもんらしい。
 加えて、早速申し入れた業務提携に対して、フジテレビの日枝会長から「提携するつもりはない!」とあっさり断られているのも、いかにもホリえもんらしいな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif