プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年02月13日

ケンゾーに健介、ある意味長州も。元WJ勢は家族愛で頑張っちょるね

Posted by JS at 23:13 / Category: つぶやき / 0 TrackBack

050213_EZTV.jpg 本日OAしていたフジテレビの情報番組『EZ!TV』で、鈴木健想(ケンゾー・スズキ)夫妻に密着取材をした様子が放送されていた。
 正直、日本にいた頃のケンゾーはイマイチ“しょっぱい”レスラーだった。それに、TAJIRIのようなセンスがあるようにも見えないし、フナキのような巧いタイプでもないだけに、WWEでも大した活躍はできないだろうなと思っていたが、なかなかどうして素晴らしい活躍ぶりだ。

 番組を見ていたら、やはり奥さんのヒロコさんの支えがかなり大きいように見えた。アメリカ、しかもWWEという怪物団体で、ケンゾーはかなり不安だったと思う。しかし、仕事場でも奥さんと共に働けることが何より心強いのかもしれない。ヒロコの試合を心配そうに見つめるケンゾーは、実にいい顔をしていた。かつて猪木からの問いかけに「明るい未来が見えません!」と答えたケンゾーだが、今は不安と苦労はあるものの、少しは明るい未来が見えているのかもしれない。
 そういえば、ケンゾーの兄貴分だった健介も、今は家族と共に大活躍しているし、WJの大将だった長州もリキプロの若手たちを、まるで息子たちのように可愛がりながら踏ん張っている。WJという“家族”はバラバラだったが、元WJ勢が現在それぞれが“家族愛”を支えにして頑張っているというのも、なかなか感傷深いな。
 WJではないが、新日本時代のケンゾーの最大の“ライバル”だった棚橋は、どうも家族に恵まれていないみたい。いまだに明るい未来が見えそうで、見えないな……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif