プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年03月01日

帰ってきた『WRESTLE-1』&ROMANEXも『HEROS』にリニューアル!

Posted by JS at 20:59 / Category: 【格】HERO'S(ROMANEX) / 5 TrackBack

新日本と前田&K−1が真っ向激突 3・26さいたま「HEROS」開催決定(スポーツナビ)

Wrestle-1.jpg かつて全日本プロレスの武藤社長と石井館長が手を組んで、『WRESTLE-1』(以下W-1)というK-1主催のプロレスイベントがあったのを覚えているだろうか? わずか2回の興行で“封印”された、そのW-1が帰ってくることになった! というのも、噂のビッグマウス主催のプロレスイベント(上井プロレス)の正式名称が、『WRESTLE-1』に決まったそうだ。
 『ハッスル』の前身ともいえるようなファンタジーなイベントだったW-1だが、上井プロレスが目指すのはバリバリのストロングスタイル。方向性を“真反対”にして、今度こそうまくいくか? 谷川Pは常々「W-1をまたやりたい」と言っていたが、こんなカタチで復活させてくるとはねぇ〜。W-1 LOVEの武藤社長の心中やいかに!
 またビッグマウスは『HEROS』という総合格闘技イベントも開催することを発表したが、参加メンバーやTBSでのTV放送なんかを考えると、これは旗揚げ戦でことごとくK-1勢が敗れてしまったことで、その後開催されていないK-1の総合格闘技部門『ROMANEX』のリニューアルということだろう。“対PRIDE”という共通点があり、専門誌で「K-1に協力してもいい」と発言していた前田日明を“顔”に据えての仕切り直しである。

 とはいえ、前田がリングス復活を目指すための足がかり的イベントということで、やはり期待は大きい。地上波TV放送権をゲットするために、前田日明というビッグネームを担ぎ出した上井氏の思惑は、なかなかうまくいっているようだ(ただしTV放送が決まっているのはプロレスのW-1ではなく、総合格闘技のHEROSの方。やはりプロレスで地上波でのゴールデンタイム放送は無理だったということなのか……)。
 しかし、主導権を握っているのは上井氏(ビッグマウス)よりK-1(FEG)っぽいのがやや気になるところ。前田と正道会館はリングス時代、協力体制だったこともあるが、やはりどれだけ長続きしてくれるか(谷川Pと上井氏と前田の関係がいつまで続くのか)心配になるのは私だけ?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif