プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年03月03日

3.18『ハッスル8』主要カード&観客ジャッジシステムの詳細発表!

Posted by JS at 16:00 / Category: 【プ】ハッスル / 1 TrackBack

050303_1.jpg 本日、DSEが3月18日に両国国技館で行われる『ハッスル8』に関する記者会見を行った。
 まず笹原GMから、今大会で導入される「観客ジャッジシステム」の説明が行われ、続いて『ハッスル』で高評価を得ているハードコアマッチに対し、ハッスル初の王座となる「ハッスル・ハードコア・ヒーロー」(略してトリプルH)を設けることが発表された。『ハッスル8』にて初代王者決定バトルロイヤルを開催するとのこと。
 ここでモンスター軍のアン・ジョー司令長官と島田二等兵が登場。「トリプルHはハッスルにとって進化、まさにエボリューションデース!」と、どこかで聞いたことのあるフレーズを叫び、優勝者にはベルトではなく、ハッスル初のタイトル戦にふさわしいモノを贈ることをGMと約束した。ここで中村カントクも登場し、『ハッスル8』で行われるモンスター軍vsハッスル軍の対抗戦4試合のうち、3試合の対戦カードが発表された。

▼対抗戦第1試合
ザ・モンスター℃、ザ・モンスターJ vs 石狩太一、X

▼対抗戦第2試合
アリシンZ、ダークフォン・マエストロ アイン、ザ・ネオデビル1号、鬼蜘蛛、モンスターソルジャー059号
 vs ハッスル仮面 レッド、ハッスル仮面 ブルー、X、X、X

▼対抗戦第3試合
ザ・サムー&雪女グレ子 vs ハッスルあちち大谷晋二郎

▼対抗戦第4試合
未定

<既報カード>
▼ハッスル軍キャプテン争奪・観客ジャッジメントマッチ
“ハッスル・キャプテン”小川直也 vs “ハッスルK”川田利明

 なお、対抗戦第3試合に関してアン・ジョー司令長官が故意なのか、単なる言い間違いなのか、大谷のことを「大仁田」と言うと、すかさずカントクが「大谷だよ!」と突っ込みを入れ、これには思わずアン・ジョー司令長官も苦笑い。その大谷の“熱さ”を消すためにザ・サムーという新モンスターを投入して「両国に雪を降らす!」と豪語する島田二等兵(ちなみに雪女グレ子はセコンド)。カントクが「両国は屋内だろ! 雪が降るかよ!」と突っ込むが、アン・ジョー司令長官は「今回は金をかけるんダヨ!」と返す。サムーとグレ子……どこかで聞いたことのある選手っぽいが?
 この日はテンションが高めの島田二等兵は「HEROを決めましょう!」と、これまたどこかで聞いたことのあるようなフレーズを叫ぶ。某総合格闘技イベントのプロデューサーになるアノ人とは因縁浅からぬ安生……もといアン・ジョー司令長官は「そこはパロディにする価値もアリマセーン!」と一刀両断。
 しかし、その後も島田二等兵が「HEROを決める!」「顔を腫らすプロレスを見せてやるよ!」と連呼するので、最後のほうでは「それはヤメテクダサーイ」と苦笑い混じりに叫んでいた。その姿にはマスコミ陣からも思わず笑い声が。

050303_2.jpg ハッスル軍の選手がまだ未定の「X」が多いことに、「人材不足なんじゃないか?」と突っ込まれた中村カントクは激怒! 島田二等兵に襲いかかると、水筒に入っている水をぶっかけ、Tシャツを引き裂き、ストンピングを食らわして会見場を去った。大事な一張羅を破かれて悔しさを滲ませる島田二等兵に対し、アン・ジョー司令長官は対抗戦の4試合目として中村カントクvs島田二等兵の一騎打ちを提案。これには島田二等兵もやる気満々の様子だが、果たして因縁の一騎打ちは実現するのか?
 カントクが去り、GMと共にドゥ・ザ・ハッスルポーズを決めて会見を締めたモンスター軍だが、最後にアン・ジョー司令官は「バチバチファイトデース!」と、三度どこかで聞いたことのあるフレーズを付け足していた。

050303_3.jpg なお、「観客ジャッジシステム」についてだが、試合の「勝ち負け」に加え、「動き」「キャラクター」「技の美しさ」「気持ちの入り具合」など、レスラーがリング上で見せる“ハッスル度”を観客が総合的に判断し、よりハッスル度の高い方に投票、最終的に試合の勝敗を決する方式とのこと。
 このシステムは、対抗戦の4試合と小川vs川田の2回行われる。ハッスル軍vsモンスター軍の対抗戦は1勝を1ポイントとし、2勝2敗で決着がつかない場合のみ、観客ジャッジを採用。より多くの票を集めたチームに1勝(1ポイント)追加される。勝利したチームにはGMよりV旅行が進呈される。
 ちなみにジャッジの方法だが、来場の際に観客にジャッジメントボードが配られ、ハッスル度の高いと思われるチームの名前が書かれた面を掲げ、その数を集計するとのことだ。

 小川vs川田戦は「ハッスル軍キャプテン争奪・観客ジャッジメントマッチ」として行われ、まず試合の勝ち負けによるポイント、次に来場者によるジャッジポイント(これもジャッジメントボードでの投票)、そしてスカパー!のPPVを試聴している人に、ハッスルオフィシャルサイト及び、ハッスルオフィシャル携帯サイトから投票してもらったポイント(試合開始のゴング〜試合終了のゴングまで受付)、以上の3ポイントにより最終的な勝敗を決し、合計ポイントがより多かった方が“ハッスル軍のキャプテン”を襲名する。
 つまり、例えば試合で小川が勝ったとしても、来場者の投票と視聴者の投票で川田への投票数が多かったら、川田が新キャプテンになるということ。GM曰く「ただ相手に勝つだけじゃなく、かつての小川vs川田戦を上回る試合を見せてほしい。このシステムは小川選手には厳しいでしょう。ある意味、ヒョードルとやるよりも恐いと思います。相当な覚悟と相当な内容を見せないと」と、名勝負の少ない小川にとっては不利なシステムと分析した。ちなみに小川がキャプテンではなくなった場合、肩書きはキャプテン・ハッスルから、ただの「ハッスル」になり、川田が新キャプテンとなった場合は、「キャプテン・ハッスルK」になるだろうとのこと。
 なお、オフィシャルサイトからの投票は無料版HPからも可能とのこと。携帯サイトは現在ドコモのみのサービスだが、auとボーダフォンユーザーも3月10日(木)10時よりhustle@c5.toに空メールを送れば、投票に参加できるようになるそうだ。

 ちなみに3月6日にはインリン様から『ハッスル8』に関する発表があり、近日中にはトリプルH選手権と小川vs川田のハッスル軍キャプテン争奪戦の調印式を行う予定とのこと。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif