プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年03月08日

ヒットすればするほど抱える爆弾が大きくなるブログ

Posted by JS at 03:11 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack
ヒット中の「ブログ」、ISPに重い負担、収益化も見えず(nikkeibp.jp)

 ブログがヒットしたのは、更新が簡単なうえ、お互いの記事にリンクを張り合う「トラックバック」という仕組みが斬新だったためだ。その分、「極めてサーバーに負荷がかかる構造」(イーナチュラルの齋藤伸也代表取締役)になっている。

 確かにブログはサーバーにすっごく負荷がかかる! それは当angle JAPANをブログ化して、つくづく感じた。ブログ化してしばらくすると、メモリーオーバーが頻繁に起こり、何度も更新できなくなったり、閲覧できなくなったりした。その度にサーバー管理会社のサポートの方にすっごい迷惑をかけてしまった。

 少しでもサーバーへの負荷を減らすために、管理会社の方も色々と助けてくださり、自分でもあまりWebに関する知識やスキルがないなりに努力してみた。その結果、コメントの投稿&閲覧をナシにし、MySQLへの移行、PHP化、ページの分割、モジュール化など、アノ手コノ手を使って軽量化を図ったため、今のところは問題なく更新できている。
 とはいえ、この先更新を続けていけば、いずれはパンクするときが来ると思われる。そうなったらこのangle JAPANをどうするかは、まだあまり考えてない。ブログを止めるか、それを機にサイト運営自体を終了するか、別のところで新サイトを立ち上げるか……

 まぁ、それはいいとして、ブログサービスを提供する側は大変だろうなぁと思う。当初からMovable Typeをはじめとするブログツールは基本的には無料。「ソフトを買う必要がない」というのもブログがヒットした要因の1つだろう。ツールをインストールする必要もない各社のブログサービスは無料版と有料版があるが、大抵のユーザーは無料版を利用している(無料版で満足してる)ので、ヒットしている割には収益があまり見込めない。それなのに各社が無料版の容量を次々に増やしているので、サーバーは増強しないといけないし、メンテナンスも頻繁にやらないとならない。とんだ金食い虫だ。
 それとは逆に、ブログを使う側にしてみれば、今まで一方的に情報を提供することが多かったHPが、ブログを取り入れたことで、閲覧者がブログの著者を身近に感じるようになったという利点がある。ブログは導入するのも簡単な上、更新や写真の投稿も手軽なので、敷居も低いし、かしこまった感じも少ない。それでいてコメントやトラバによって「記事を見ましたよ」と相手に伝えることもできる。タレントをはじめとする著名人なんかは、マスコミや事務所が発表する“コメント”よりも、ブログの方が生の声(に近いもの)を敏速にユーザーに伝えることができるので、結構(主に宣伝)効果があるようだ。
 最近では人気ブログで書かれたことを書籍化するというカタチで、ビジネスにつなげるなんてこともある。「使うのもタダ、見るのもタダ」が基本のブログだが、何とかビジネスに利用できないかと皆アレコレ考えているのだろう。
 現在はまだ“爆弾”を抱えた状態のブログだが、近い将来にはサーバーに負荷があまりかからないような改良がされ、さらに提供する側にもそれなりの収益が生まれるようなシステムが作られるかもしれない。もしかしたらブログに代わる新しいサービス(ツール)が開発される方が先かもしれないけど……。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif