プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年03月30日

大仁田先生の新しい肩書きは「プロレス・格闘技評論家」

Posted by JS at 20:19 / Category: 【プ】プロレス全般 / 0 TrackBack
プロレスを引退した大仁田が格闘評論家に転身(スポーツナビ)

 大仁田はプロレスには野球やサッカーのような選手出身の評論家がいないことを指摘。「OBとしての経験を活かして評論していこうと思う。ターザン山本を蹴落として入り込む」と、さっそく集まったスポーツ新聞や専門誌の記者に売り込みを始めた。

 3度目のレスラー引退をして議員に専念するかと思いきや、早速プロレス界に話題を投下してくる大仁田先生はさすがだが、プロレスはともかく、なぜに格闘技まで評論するんだ??? なるなら「プロレス・デスマッチ評論家」だろ。確かに現在、プロレス・格闘技系の“評論家”というカタチでメディアに登場するのはターザンさんくらい。宿敵・ターザンとの対決という点では興味はある。果たして大仁田にターザンさんの座が奪えるのかどうか、ちょっと見物だな。
 評論家活動の第一歩として、今が旬の前田日明をターゲットにし、6月の『HERO'S』を見に行くそうだ。ぜひ上井さんには入口で「大仁田さん、チケット持ってますか?」と言ってほしい!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif