プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年04月15日

日本でもスマートフォンが本格化!? DoCoMoから「FOMA M1000」登場

Posted by JS at 02:10 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack

まるでPDAみたいな携帯「M1000」、何ができて、何ができないのか (MYCOM PC WEB)

FOMA_M1000.jpg DoCoMoがビジネスコンシューマ向けFOMA端末「M1000」の開発を発表した。こいつが以前から話があったDoCoMo製スマートフォンか? FOMA/GSM/GPRSに加え、無線LAN(IEEE802.11b)、Bluetoothにも対応、さらにPC向けサイトも閲覧できる「Opera 7.5」を搭載と、かなり色々な機能がテンコ盛り。日本語手書き入力にはDecumaを採用している点をはじめ、Symbian OS 7.0を搭載したPDA機能はなかなか良さ気だ。
 その反面、iモードサイトの閲覧やiモードメール、iアプリといった従来のサービスが利用できないので、パケット定額制の「パケ・ホーダイ」は利用できないとのこと。また、音楽ファイルはMP3/WMA/AACをサポートしているが、iTunesと連携することはできない。そして価格は5万円程度と、ケータイとしてはかなり高価だ。

 本体サイズも結構大きめだし、いわゆるケータイ電話として、FOMAの最新機種のような使い勝手の良さはなさそう。その辺が“ビジネスコンシューマ向け”とした点と思われるが、ドコモショップなどでも普通に販売するってことは、ヘビーユーザーやデジタルデバイス好きにも売れるっていう読みもあるのだろう。確かにスマートフォンとしては、かなりいい線まで来たような気がする。この調子で今後もスマートフォンには力を入れていってほしいし、DoCoMoだけでなく、各社からスマートフォンが出てくれるようになると嬉しいな!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif